工業関係企業の仕事の場所

就職先を考える時、その会社の立地場所も重要な要素と言えます。工業関係の企業はメインの勤務先が工場であり、その立地は臨海工業地帯や工業団地等が中心となります。町工場の場合には、住宅地と混在する地域に立地する事もあります。しかし、大企業の工場の場合、広大な敷地が必要なため、地方都市の郊外に立地するケースが多くなります。電子機器や機械関連の企業はこうした場所に工場があるのが一般的です。また化学系の企業は、プラントが臨海地帯に建設される事が多く、都市近郊の臨海地区に立地する事が多いものです。従って、工業関連企業の工場勤務の仕事の場合は、上記の様な場所が仕事場となります。もちろん、本社機能や営業所機能などは都会のビジネス街にある事も多く、勤務地はビジネス街になります。工業関連の企業では、仕事場がビジネス街でない事で多いため、若い女性には人気が無いと言われています。もちろん、勤務地の立地も重要な要素でしょうが、それは住環境との関係を気にしてのもので、ビジネス街に立地するかどうかで考えるのは、余りもミーハー的と言わざるを得ないでしょう。工場の立地は余り良いとは言えないかも知れませんが、多様な職種の求人があり、日本を支える産業に従事する気概を持って、若い人には毛嫌いして欲しくはないと思います。

バックナンバー

工業の必須情報

↑PAGE TOP